六甲比命大善神社へ行ってきました

紅葉 Others

 

春名恵です。

 

先週末に小3姪っ子の音楽会だったため、本日代休とのこと。

 

そこで姪っ子、母、私の三人で六甲比命大善神社(ひめ神社)へ行ってきました。

 

ひめ神社へ行くことになったのは、氏神様へ21日参りをするきっかけとなったこのときの本の著者さんのコンサート(?)へ姪っ子と母が行ったとき、「ひめ神社へ行くといいよ」と得たインスピレーションを教えてくださったからだそう。

 

夏は暑いから秋に行こうということで、ようやく紅葉がきれいなこの時期に実現したのでした。

 

地元の氏神神社へお参りした後、六甲山カンツリーハウスへ向かい、カンツリーハウスの駐車場に車を停めてから、徒歩約20分ほどの山道を歩いていきました。

 

読みたい場所へジャンプ

ひめ神社へ向かう

このサイトを参考にして来たのですが、カンツリーハウスの売店で道を尋ねてみたところ、A4用紙に印刷された地図をくれたので、それを元に歩いていくことにしました。

 

六甲比命大善神社

 

 

最初は舗装された道を歩いていくと、案内板が見えてきました。

 

 

六甲比命大善神社

 

 

少し歩くとまた案内板が。

 

六甲比命大善神社

 

 

割と一歩を大きく踏み出さないと、下っていけない山道が続きます。

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

 

下りがめちゃめちゃ急!!

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

ここへ来るまでも急な下り坂と石が転がっているので、油断するとズルッと滑りそう。

 

 

「軍手があるとよい」と書かれていたので持参しましたが、手すりをつかんだり、急な階段を手をついて登ることがあったので、あってよかったです。

 

六甲比命大善神社

 

 

六甲比命大善神社

 

ここまで下ってきて、大きな岩々に圧倒されました。

 

 

さて、ここからまた急な道を登って戻っていきます。

 

途中で姪っ子と母待ちをしていた数分間、立ち止まって休憩してたら、そこからまた歩き出したときに太ももの筋肉がブルブル震えてた。筋肉痛決定やな 笑

 

 

元の舗装された道に戻り、ふと空を見上げると、見事な紅葉に足の疲れも癒されました♪

 

紅葉

 

追伸

5月の21日参りからはじめた氏神神社参りは、9月始めの台風21号で連続記録が途切れてから、時々お参りする程度になりました。

 

新月&満月にはお墓参りと共に行ってますが、後は散歩の道中、心の中で「神戸市○○区~~に住んでいる春名恵です。いつもお守りくださいましてありがとうございます」などと唱えるに留まってます^^;

 

自宅に神社の祠(台所の上にあるミニ神社みたいなもの)とか、御札とかがある意味がこれまでよく分かってなかったけど、自分がお参りするようになって雨とか台風とか行けない日があったとき、自宅にそういうのがあったらいいなと思ったことから「だから、御札とかを買って帰るのかな???」と思った。(違ったらすみません^^;)

 

そこで、その神社の人に「大元の神社(親神社?)はありますか?そこで御札をもらってきたいのですが」と母に聞いてもらった。

 

この氏神神社は手入れはされているけど、普段は人がいない。だから祭っている神様の大元の神社があるのかと思っていたけど、どこの神社の分社(?)でもないそうで、御札も売ってないとのこと。

 

だから、母は運動がてら毎日行ってるみたいですが、私は直接お参りする新月&満月以外の日は、心の中で手を合わせることにしたのでした^^;

タイトルとURLをコピーしました