速読はすごい技術なのか?

 

春名恵です。

 

世の中には、パラパラ~っとしただけで1万字/分 以上で読めるようになって本の内容が分かるとか、本を持っただけで内容が分かるという速読もあります。

 

日本人の平均的な読書速度は、1分間に500文字前後(=1分間に400字詰原稿用紙を1枚ちょっと読めるスピード)なので、上記は明らかにすごい速読です(笑)

 

一方、私がお伝えしている速読は、普段ガチガチになっている脳をリラックスさせ、人が元々持っている能力をスムーズに発揮させた結果として速く日本語を思い出せる(=速く読める)というもの。

 

もしパラパラ~っとしただけで本の内容が分かる速読を習得したい場合には、残念ながらこのブログではお役に立つことが出来ません。

 

 

さて、あなたは

  • 歩くときに右足を出したら自然に左手が出ますよね?
  • いつの間にか自転車にも乗れるようになりましたよね?
  • 呼吸も、息を吸うときと吐くときを意識せずにしていますよね?

そもそも、これって技術とはいわないですよね?

 

このように、無意識にできるようになることの一つとして、脳の使い方を変えていくことを、速読トレーニングという手段で行っているだけなのです。

タイトルとURLをコピーしました