自分の知らない気持ち、感情を知る方法がある

木 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

私は、自分で自分の感情をコントロールできなくなったとき、ヒプノセラピー(催眠療法)を受けたことがきっかけで、本来の自分を少しずつ取り戻していけるようになりました。

 

自分の過去を振り返り、過去と向き合うことで感情がフリーズした当時のままの記憶を癒していき、過去を通じて自分をみつめることで、よく分からなかった自分の本当の気持ち少しずつ知っていくことになったのです。

 

その際、取り入れたツールはヒプノセラピー以外にも様々ありますが、ヒプノセラピーを受けることなく学ぶこともなければ、その他のツールにも出会わなかったように思います。

 

 

自分の知らない気持ち、本音を知るには潜在意識の扉を開く必要があります。

 

ヒプノセラピーというのは、その方法の一つなんですね。

 

前回の記事で「過去世」について書いたので、今日はヒプノセラピーの過去世セッションについて書いてみたいと思います。

 

前世をみるセッション

ヒプノセラピーの中に、過去世セッションというのがあります。

 

過去世=前世が分かるんですね。

 

私はこのセッションを受けたことで、これまで自分になぜこんな出来事が起こっていたのかに、ものすごーーーく納得できたのでした。

 

ちなみに、人に前世を当ててもらうのではなく、自分で自分の前世を見に行きます。

 

 

前世=過去世 については、いろんな解釈があると思います。

 

私の解釈としては、過去世自体はあると思っていますが、過去世セッションで見えるイメージは、必ずしも事実であるかどうかは分からないというのが現時点での本音です。

 

過去世セッションで見えたもの、聞こえたもの、感じたものが、その人にとって「これは事実だ。本当にあったこと」と思えばそうなんだろうし、「事実ではない」と思えばそうなんだろうと思います。

 

何のために前世をみるか?

私も今はヒプノセラピーのセッションをさせていただくようになり、過去世セッションもさせていただいています。

 

では、あるかないかも分からない過去世セッションをなぜするのかと言うと・・・

 

セッションで見えて聞こえて感じた過去世の内容が事実であれ、架空であれ、その過去世で学びとなったこと、やり残したこと、どういう気持ちでその人生を終えたかを知ることによって、今の現世であなたに起こっている出来事の意味を見出せたり、現状から抜け出せる手がかりをつかめるからです。

 

つまり、これまでの現実に対する見方が大きく変わることで、自分の内面の深い部分からの気づきを得られるようになります。さらに、気づきを得た人は行動が変わるのです。

 

 

また、その過去世の死後の世界を見ることで、今無意識に持っている死への恐怖を低減させることができます。

 

ちなみに、この死は終わったことなので怖くないです。

 

私も過去世セッションを受ける前はドキドキ、ビクビクしていましたが、実際に体験してみると、死への恐怖が低減できたことにまず驚きました。

 

漠然と持っていた死への恐怖、正体が分からないがために、ふとした瞬間によぎる死への恐怖感が過去世セッションを受けたことでなくなったのです。

 

いつ来るか分からない死を恐れながら生きるのではなく、今ある生をしっかり感じながら生きられるようになったことは、私にとっては生きる上での重荷を一つ下ろせたようなもので、生きる気持ちがものすごく楽になったのでした。

タイトルとURLをコピーしました