筆文字を書く講座を通じて一番伝えたいこと

実 筆文字のこと

 

春名恵です。

 

私は、「書くこと」「自己対話すること」を通じて何のために生きるのかを思い出し、本音の自分で充実感を持って生きられる人が増えることを願い、活動しています。

 

今回は、筆文字を書く講座で一番伝えたいことを書いてみたいと思います。

 

筆ペンを手に取るようになるまで(~2012年冬)

文字についてですが、私自身、字が下手で下手でずーーーっと悩んでいました。

 

もちろん、書道というか習字も学校で習ったきり。

 

自分の字の下手さに嫌気がさして、それでも上手くなる方法はないかなーと”〇ペンの美子ちゃん”の宣伝マンガに興味惹かれたり、市販のボールペン字の本を買っては捨ててを繰り返す・・・

 

そうやって、物心ついた頃から何十年も、字への希望とあきらめを行ったり来たりしていた私の意識を変えたもの。

 

それが「筆ペンで字を書く(描く)」ということでした。

 

 

さらに、筆ペン字は「相田みつを氏のような字を書けるようになってみたい!」と思っていた私の心に火をつけました。集客に悩んでいて、ご縁を広げるきっかけをつかみたいと思っていた私の行動に火をつけました。

 

そんな強い気持ちを携えて、新幹線に乗って神戸から名古屋まで講座を受けに行き、実際に筆文字を書いたらその日のうちにプロっぽい字になったのです!

 

筆文字講座を作るようになって(2014年秋~)

その後、SNSやブログで筆文字作品を投稿したり、お会いした人に作品を見せたりしていたところ、「習いたい」と言われたことから筆文字講座を作るようになりました。

 

認定講師として活動するのではなく、オリジナルで講座を作ったのは、自分の思ったように想いを伝えたいという気持ちが大きかったからです。(講座を作る前に協会を円満退会しています)

 

そんなふうに始まった講座は、今では書道経験のある方(書道二段や師範の方)の受講が一番多くなっていることに、私が一番驚いています。

 

筆文字を書く講座を通じて一番伝えたいこと。

 

それは「思い込みはカンタンに外れる!!!」です。

タイトルとURLをコピーしました