9月24日生まれのあなたへ:366日の誕生日カード

誕生日カード:神戸の筆文字教室・年賀状講座 366日の誕生日カード

体験を学びに変えて
本来の道を進もう

 

 

人の行動の動機は「快を得るため」「不快を避けるため」の2種類しかないといわれる。

 

たとえば、ダイエットの目的が

  1. モテたい、お洒落な服を着れるようになりたい
  2. 「このままじゃ死ぬよ」と医師から言われた

 

お金がほしい理由が

  1. もっとお金があれば、あれもしてこれもしてワクワク過ごせるのに
  2. 月末の支払いができなかったら終わりだ

の場合。

 

ダイエットの場合もお金の場合も共に上記1が快を得るため、上記2が不快を避けるためとなり、快より不快な感情の方がお尻に火がつくことがよく分かると思う。行動できるというか、せざるを得ないというべきか。

 

だけど、いつもいつも不快な感情から行動するという同じパターンを繰り返す必要もないし、今回の出来事から何を学んだのか?に気づけると、同じパターンからは卒業できる。

 

と言うと、もっと運動することが大事、カロリーを守ることが大事、記録をつけるとどこに原因あるかを見つけやすいなど、頭で理解した学びを挙げることが多い。

 

でも、頭で理解した学びは本音を無視していることが多く、挫折しやすい。

 

一方、モテないことでどんな得があるのか?お金がいつもないことでどんな得があるのか?の『心理的メリット』を見ていくことで、魂の学びがみつかる。

 

 

たとえば、モテたい、お洒落な服を着れるようになりたいと言うのになかなか行動が伴わない場合、モテなければお金を使わず済むとか、自分を守れるなどと思っていることがある。

 

他には、お洒落な服を着なければ目立たなくて済むとか、後ろ指指されなくて済むなどと思っていることもある。

 

ということは、問題の本質は痩せないことでも、モテないことでも、お洒落な服を着れないことでもなく、お金を失いたくないとか、傷つくのがイヤだとか、いじめられるのが怖いということになる。(たとえばね。深く掘っていけばもっと出てくる)

 

この本質と向き合うこと。

プラス、魂が発する声に気づき、実行していくこと。

 

それが『体験を学びに変えて、自分らしく生きる』ということになる。

 

ずれた本質といくら丁寧に向き合っても問題は一向になくならないし、自分らしさからはどんどん離れていく。

 

 

人は生きている限りいろんな体験をし、その中で感情の快・不快を味わう。

 

いや、快・不快な感情をしっかり味わうことができればいいが、「大人になったらそんなに感情をあらわにしてはいけない」などと出てくる感情を抑えつけたり、なかったことにしてしまうことも多い。

 

そんな昇華できていない感情たちと、今ここでもう一度向き合おう。

 

既に起こってしまった体験を学びに変えることができると素の自分、本来の自分で生きられるようになり、周りの出来事に必要以上に振り回されなくなる。

 

すると、この人生で取り組むと決めた道へと舵を切りなおし、前進していけるようになるよ。

 

 

追伸1:

本日はこちらのカードを読み解き。

魔法の質問カード

 

 

追伸2:

人生や魂からせっつかれているのに、自分をみつめることから逃げていると、付き合う人や環境をどれだけ変えても同じ問題が起り続ける。

 

というか、過去と同じような出来事を目の前にして、過去と同じ感情反応を自分がしているといえる。(無意識で)

 

過去あの人との間であった出来事と照らし合わせて今反射的に感情を出すのではなく(無意識だが・・・)、今目の前にいるその人を見て聞いて感じた感情表現ができるようになると、そのときには今問題だと感じている人や出来事を目の前にしても、過剰に感情反応しなくなる。

 

 

自分の感情反応のパターンを変えること。

 

それが、自分が変わると相手も変わる、自分が変わると周りも変わるということなんだ。

 

 

追伸3:

感情が爆発しそうになったとき、ゆっくり呼吸を繰り返しながら自分の内面をみつめてみよう。

 

そして、一日五分でも目を閉じる時間を持って、自分の内面をみつめてみよう。

 

すると、感情反応のパターンがだんだん分かってくる。

 

人生の物語でいうと、今目の前にいる人がそのパターンに気づかせてくれ、自分を生きづらさから抜け出させてくれ、成長させてくれる重要な登場人物になるんだ。

タイトルとURLをコピーしました