9月23日生まれのあなたへ:366日の誕生日カード

誕生日カード:神戸の筆文字教室・年賀状講座 366日の誕生日カード

書き続けることで
人生の物語が
わかってくる

 

 

ひらめきは頭の声が静かなときに得られる。寝起きや散歩中など、リラックスしているときにも得られる。

 

そんなひらめきも放置したままにすると、あっという間にどこかへ行ってしまう。

 

だから、ひらめきは書いて残しておこう。

 

その積み重ねで、これまでの体験の意味や、これから進むべき道も見えてくる。

 

 

さて、ひらめきを書いて書いて書き続けることは、実は山登りと似ている。

 

最初はワクワクから始めたとしても、ひらめきを書き残したところで何のことだか意味が分からなかったり、しんどいわ、もうやめようかなぁと思うことも多い。

 

ところが、それでも書いて書いて書き続けると、あるとき急に視界が開けてくる。これまで見えていなかったことが不思議なくらい、これまでの体験の意味が分かってくる。

 

「いいように考えよう」とか「こういう場合はこういう意味でとらえたらいいよね」と、今の自分という限られた思考の範囲内で意味付けしているのとは全く別の世界が、書いて書いて書き続けることで広がっているんだ。

 

 

そんなふうに視界が開けてホッとしたのもつかの間、人生が続く限り、また山を登っていく。

 

その際、再びしんどいことも、自分には無理だと思うこともあるだろう。

 

だが、一度でも今とこれまでの体験が繋がっていることが腑に落ちたり、プラス面とマイナス面は一体、ポジティブとネガティブは一体だと腑に落ちると、「この体験から(自分の人生や魂は)何を学べと言ってるんだろう?」「何を学びとして卒業せよと言ってるんだろう?」という視点を持てるようになる。

 

書いて書いて書き続けることで、そんな人生の物語が少しずつ分かってくるんだ。

 

 

追伸1:

本日はこちらのカードを読み解き。

魔法の質問カード

天、走、朝:ひらめきは朝に生まれる

 

 

追伸2:

人生の物語が分かると、自分はそういうパターン・傾向が好きなんだなというのが分かってくる。

 

挫折から起き上がることで挽回する人生、敵と戦うことで自分の存在価値を見い出す人生、悲しいことがあればあるほど人の気持ちが分かって人に優しくなれる人生、いつもたくさんの人から応援される人生、自分ひとりで一生懸命がんばる人生など、いろんなパターン・傾向がある。

 

ただ、そんなパターン・傾向を知ったとしても「このまま続けたい」と思う人もいるし、「もういい加減飽きたわ、次は違うパターンがいい」と思う人もいて、タイミングも人それぞれ。

 

自分の人生なので、どちらを選択してもいい。あなたの本音がタイミングを教えてくれる。

 

 

さて、「もういい加減飽きたわ、次は違うパターンがいい」という場合は、人生の物語の展開を変えることができる。

 

今は挫折から起き上がることで挽回する人生だったとしても、わざわざ挫折を選択せずスムーズに進めてもいいし、敵と戦うことで自分の存在価値を見い出す人生も、自らの存在価値を感じたいがためにわざわざ敵を作らなくてもいい。

 

悲しいことがあればあるほど人の気持ちが分かって人に優しくなれる人生も、全ての悲しみを自分が体験して背負わなくても、悲しみを感じている人に「そう感じているんだね」とただただ寄り添うことはできる。

 

○○をするから△△が得られるとか、○○をしないから△△を得られないというのは、人生の物語のパターン・傾向でしかなく、本当は○○をしてもしなくても△△は得られてもいいんだ。

 

 

だからもし、心底「もういい加減飽きたわ、次は違うパターンがいい」と思ったなら、「この体験から(自分の人生や魂は)何を学べと言ってるんだろう?」「何を学びとして卒業せよと言ってるんだろう?」という視点を持つといい。

 

そして、自分の内側から出てきた答えを書き出すことで、物語の展開を変えるための鍵となる今回の学びに気づくことができる。

 

学びに気づくことができたら、同じパターン・傾向の人生展開を変えられる。

 

つまり、対人関係の悩みから卒業できるんだよ。

タイトルとURLをコピーしました